bash “ShellShock”の脆弱性 影響と対応のご報告

昨日2014年9月25日(木)に発覚しましたbashのいわゆる”ShellShock”の脆弱性(GNU bash の脆弱性に関する注意喚起
(JPCERT/CC Alert 2014-09-25)
)について、次のとおりご報告いたします。

弊社のお客様へ

  CGIを使用、または使用する設定になっていたサーバーはないこと、あるいは対処済みであることを個別にご連絡しております。

弊社ホームページについて

 CGIを使用しておりません。
 また、プログラムは適切にバージョンアップを済ませております。
 よって、弊社のホームページでは”ShellShock”の脆弱性の問題はありません。

 なお、シンプルソフトでは今後も最新の情報を収集し、問題発生の防止、検出と発生時にも迅速な対応できるよう体制を整えてまいります。

2014年9月26日 シンプルソフト  代表取締役 秋池 浩


コメントをどうぞ。


《最終更新日》2014-09-26