サービス案内



事業の成長に合わせたIT活用 三段階

ほとんどの場合、事業は三段階を経て成長します。

『事業構築』から始まり、『拡大』へ。そして『効率化』のステップへと続きます。


ステップ1:『事業構築』 ~商品開発・土台作り~

いまどきのレンタルサーバーはメールやホームページを作るのに、機能的には十分です。
それでも数百とあるレンラルサーバー業者の中から選ぶのに、この段階で必要なことは、次の3点。

  • 安く短期で契約できること
  • 安定していること
  • 設置、運営の管理が自分たちでもできる


それぞれ特徴があるので、御社にあったサービスをお勧め、導入のご支援をいたします。

さらに詳しく


ステップ2:『拡大』 ~集客~

土台ができたあとは集客、それとお客様からのご注文をいかにこなすかです。

必要なことは

  • 集客
  • がんばって処理する
  • 仕組みを作る


この段階では、注文のこなし方もはじめは試行錯誤の連続かもしれません。
アナログとITを組み合わせ、できるだけ効率的に仕事が回せる仕組み作りに時間とお金をかけましょう。

さらに詳しく


ステップ3:『効率化』の段階へ

事業の拡大とともに注文が増え、“人力”に頼っていると間違いが多くなる、時間がかかるといったことがおきてきます。

そこで、既にできあがっているその「仕組み」を格段に効率化するため、自社の業務に最適化されたシステムを作ります。

さらに詳しく


御社の事業は、現在どの段階ですか?

シンプルソフトは、その事業のフェーズに合わせ、御社と一体となり、IT活用するパートナーとしてお役に立ちます。

《最終更新日》2010-09-02